コネックス・ハブ

Frame.IOによるクラウドへのコンテンツ配信のコラボレーションと合理化

ConneX Hubとは?
ビデオ再生

ConneX Hubは、CinedeckがParamountと共同で開発し、AdobeのFrame.ioを活用した先進的な統合配信プラットフォームです。メディアやエンターテインメントのプロフェッショナル向けに、コンテンツ制作、プロダクション、配信のワークフローを合理化するように設計されています。

CinedeckのConneXとAdobe Frame.ioの長所を組み合わせることで、ConneX Hubは効率的なクラウドベースのコンテンツ管理と配信のための堅牢なソリューションを提供します。

主な特徴と利点

シームレスな統合

ConneX HubはAdobe Frame.ioと統合されており、コンテンツ制作者はクラウドホスティングされたマスターファイルに対して直接、正確な制作やフォーマットの修正を行うことができます。

選択的アップロード

ユーザーは、必要な変更点のみをFrame.ioにアップロードして確認し、コンテンツ全体を再配信することなく、既存のマスターファイルに挿入することができます。

効率の向上

この統合により、従来のマスタリングセッションに伴う制作の遅れやコストが削減され、より迅速で効率的なワークフローが実現する。

コラボレーション・プラットフォーム:コンテンツ・サプライ・チェーンにおける品質管理(QC)の留意点に対処することで、制作チームとオペレーション・チームが効果的に協力し、コンテンツ全体の品質と配信速度を向上させることができます。

ケーススタディ

コンテンツ配信の課題への対応

長編コンテンツの再配信は、制作スケジュールやリソース配分に影響を与える一般的な問題です。マスターファイルの修正が必要な場合、コンテンツのサプライチェーンと品質管理(QC)プロセスの遅延は、非効率と追加コストを生み出します。この問題に対処するため、企業はコストのかかるマスタリングセッションに頼ることなく、クラウドに保存されたコンテンツを迅速に修正する方法を必要としています。

効率的な修正のためのシームレスな統合

Adobe Frame.ioとCinedeck ConneXの統合により、制作チームとオペレーションチームがコンテンツサプライチェーンにおけるQCノートに対応できるコラボレーションプラットフォームが構築されます。このアプローチにより、チームは必要な変更のみをFrame.ioにアップロードし、レビューし、既存のクラウドベースのマスターファイルに直接挿入することができます。この統合により、制作に特化した強力な機能が提供され、既存のワークフローと連携するための追加のマスタリングや複雑なバックエンド変換の必要性が減少します。

効率とコラボレーションの強化

ワークフローの合理化とコンテンツ制作者のコスト削減

  • サプライチェーンの遅延を削減:クラウド上でコンテンツを修正できるため、QCプロセスが合理化され、遅延が削減される。
  • 生産コストの削減:手戻りを最小限に抑え、コストのかかるマスタリングセッションを避けることで、コスト削減につながります。
  • コラボレーションの強化:生産部門とオペレーション部門が共有するプラットフォームで、QCに関する注意事項に効率的に対処できる。
  • Adobe Frame.ioの採用:高度な配信機能により、Frame.ioの継続的な利用が促進され、企業ユーザーにも個人ユーザーにも付加価値が生まれます。

メディア制作のレベルアップをお考えですか?

ConneX Hubの運用および財務上のメリットをご覧ください。当社のソリューションをご覧いただくか、デモをご希望の場合は当社までお問い合わせください。